代表印はどっしりした重厚感のある印鑑で作る

  • RSS

近頃はいろいろな素材で印鑑を作ることがある。特に、会社の顔でもある代表印はどっしりした重厚感のある印鑑で作るというのがいいかもしれない。そう思っていたら、なんと、チタンという金属で作った印があるのだ。 チタンは、英語ではTITANIUM(チタニウム)と言って、非常に硬い金属で、さびないらしい。鋼鉄のように硬くて錆びなくて腐敗も腐食もしない。すごい金属のようだ。しかも地球にたくさんあるらしい。ただし、加工が難しいらしくて、割と大規模な設備がないと加工できないようだ。

そういえば、私が子供のころ、超合金で作られた人形(ウルトラマンのようなもの)がちまたに出回り、相当好評で、かなり売れたようだ。私の友達でも、かなりたくさんの友達が買っていた。
そういう思い入れの金属で印鑑を造ると、高級感がどっしりとある。落としてもかけたり壊れたりしない。かなり鋼よりはずっと軽いらしいが、一応金属だ。重いのでカバンが重たくなるかもしれない。
それにしても、金属製の印鑑を使うというのは珍しいですよね。普通なら柘植という世の中ですからね。
私が思うに、金属に関係する会社であれば、この金属製印鑑というのが相当よいイメージがあると思う。ましてこのチタン製であれば重厚で力強いイメージがあるから会社の代表印にピッタリだ。
値段だってそれほど高価ではない。とはいえ彫り方によってばらつきもあるでしょう。おそらく2万円くらいだと思う。これほどの金額であの高級なチタン製印鑑が手に入るなら、是非お勧めですね。気に入ってしまって、銀行印も個人の印鑑もチタンにしてしまったら、多少重たいでしょうね。

会社での代表印鑑について
Yahoo!知恵袋 最新ベストアンサー

質問内容

監査役の変更登記の印鑑証明について。 必要書類は全て揃えたのですが、印鑑証明の必要不要、また必要であるなら代表取締役のか、役員全員のが必要なのかが、ネットで色々調べているのですが 、解釈が幾つも出来てしまって今一つわかりません。 取締役会非設置会社です。監査役の辞任により新たに一人選任します。詳しい方おられましたらご教授お願いします。

ベストアンサー

監査役だけの変更であれば,添付書類は原則として, ①後任監査役を選任した「株主総会議事録」 ②前任監査役の「辞任届」 ③後任監査役の「就任承諾書」 ④代理申請の場合は「委任状」 です。 添付書類としては,「印鑑証明書」も「登記事項証明書」(従前の「登記簿謄本」に替わるもの)は,不要です。 なお,③は,後任者が株主総会に出席していて,その席上で就任を承諾し,株主総会議事録にその旨を記載し,申請書に「就任承諾書は株主総会議事録の記載を援用する」と記載すれば,就任承諾書の添付は省略できる,とされています。 ----- 添付書類として「印鑑証明書」が必要になるのは,原則として次の書類についてです(省略できる場合もあり)。 ①代表取締役の選定を証する書面(取締役会議事録,株主総会議事録,互選書等) ②取締役会設置会社の,代表取締役の就任承諾書 ③取締役会非設置会社の,取締役の就任承諾書 見本等で,添付書類に「印鑑証明書」が必要なことが書いてあるとすれば,それは,監査役だけの変更ではなく,取締役・代表取締役も一緒に変更する場合の例ではないでしょうか。 監査役だけの変更なら,「印鑑証明書」は不要です。 ----- ☆司法書士事務所のホームページで時々、会社の登記事項証明書(登記簿謄本)も必要書類に上がっていたりするのですが ★司法書士さんが,当該会社の登記内容を確認するためだと思います。添付書類として法務局に提出することは無いです。 例えば,辞任した役員が,会社側の勘違いで,実は辞任の日より前に任期満了となっていたりするので,そういうのもチェックするのだと思います。

質問日時:2014/07/28 22:19:08 回答数:1

質問内容

知らない間に印鑑と印鑑証明を盗まれ、破棄前に会社の代表にされていました 保証会社からの連絡(部屋借りようとしてましたよ、との)でようやく気付いたのですが、退任する方法はあるのでしょうか 取り敢えず登記所で相談してみるつもりですが…

ベストアンサー

いくつかあります。 犯人が非協力的なことを前提にお答えします。 ①まず警察署にいって、 窃盗罪、公正証書原本不実記載等罪で告訴できます。 それをたてに犯人に登記の取消を要求します。 ②ご自分で登記申請する場合は、 「質問者様が代表になった登記が錯誤だったことを証する文書」を添えて登記の取消申請をします。 この場合は、登記申請書や添付書類、登録免許税や司法書士への報酬もかかり、手間や費用がかかります。 犯人にすべて手続きさせるのが一番よいと思います。

質問日時:2014/07/27 22:27:55 回答数:1

質問内容

【500枚】次の場合、B以外の印鑑証明書を省略できる方法はありますか? □現在の登記記録 取締役会設置会社 取締役ABC 代表取締役A 監査役D □事実 6月30日付定時株主総会でABCが任期満了のため、BCEを取締役として選任 同日取締役会でBを代表取締役として選定 この場合、前代取であるAは「出席義務者として取締役会に参加し、届出印を押すこと」ができない(定時株主終結時に任期満了となっている)ため、取締役BCE監査役Dの印鑑証明書が必要と考えますが、これを避けてBの印鑑証明書だけ添付して登記する方法はありますか?

ベストアンサー

普通はできない、ということを分かった上でのご質問と拝察。 CかEの就任承諾を一日遅らせ、Aを権利義務取締役として取締役会に出席させて登記所届出印を押せば、選定書面への取締役・監査役の印鑑証明は不要ですから、Bの代取就任承諾書の関する印鑑証明書だけで足りることになります。

質問日時:2014/07/17 19:45:31 回答数:1

このページの先頭へ