代表印はどっしりした重厚感のある印鑑で作る

  • RSS

近頃はいろいろな素材で印鑑を作ることがある。特に、会社の顔でもある代表印はどっしりした重厚感のある印鑑で作るというのがいいかもしれない。そう思っていたら、なんと、チタンという金属で作った印があるのだ。 チタンは、英語ではTITANIUM(チタニウム)と言って、非常に硬い金属で、さびないらしい。鋼鉄のように硬くて錆びなくて腐敗も腐食もしない。すごい金属のようだ。しかも地球にたくさんあるらしい。ただし、加工が難しいらしくて、割と大規模な設備がないと加工できないようだ。

そういえば、私が子供のころ、超合金で作られた人形(ウルトラマンのようなもの)がちまたに出回り、相当好評で、かなり売れたようだ。私の友達でも、かなりたくさんの友達が買っていた。
そういう思い入れの金属で印鑑を造ると、高級感がどっしりとある。落としてもかけたり壊れたりしない。かなり鋼よりはずっと軽いらしいが、一応金属だ。重いのでカバンが重たくなるかもしれない。
それにしても、金属製の印鑑を使うというのは珍しいですよね。普通なら柘植という世の中ですからね。
私が思うに、金属に関係する会社であれば、この金属製印鑑というのが相当よいイメージがあると思う。ましてこのチタン製であれば重厚で力強いイメージがあるから会社の代表印にピッタリだ。
値段だってそれほど高価ではない。とはいえ彫り方によってばらつきもあるでしょう。おそらく2万円くらいだと思う。これほどの金額であの高級なチタン製印鑑が手に入るなら、是非お勧めですね。気に入ってしまって、銀行印も個人の印鑑もチタンにしてしまったら、多少重たいでしょうね。

会社での代表印鑑について
Yahoo!知恵袋 最新ベストアンサー

質問内容

宅建試験の問題です 業者名簿の届出で 合併消滅会社の代表者に届出義務がありますが、代表権をもつ者が複数いる会社である場合は、 ①どの取締役からでも可能 ②登記所に印鑑届けをした取締役のみ可能 ③その他 届出者はどれに当たるでしょうか? 唯、②の場合、 既に消滅した会社の印鑑証明書を添付することは不可能と考えます。

ベストアンサー

初心者マークさんへ >宅建試験の問題です ならば①で十分と考える。

質問日時:2015/07/25 19:32:06 回答数:1

質問内容

約束手形で、振出人と第一裏書の代表者が同じの場合(会社名は別) 取締役会承認済の印鑑は、表の振出人のところに必要ですか? それとも第一裏書人のところに必要ですか?

ベストアンサー

第一裏書人欄に「取締役会承認済」を表した付箋を貼付してください。 外れないように付箋の一部をシッカリと貼付するだけであり、第一裏書人の署名、押印は見える必要があり全面をベッタリと貼付しないでください。

質問日時:2015/07/06 02:56:11 回答数:1

質問内容

個人事業主の印鑑についての質問です。 非常に初歩的な質問で、恐縮です。よろしくお願いします。 個人事業主として開業準備中です。 会社の印鑑を作る必要があると思うので、ネットで見ています。 形式としては、会社名(屋号名)が書かれており、「代表之印」とか書かれているタイプのものです。 ・実印 ・銀行印 ・認め印 ・角印 ・ゴム印 のセットになっているものをよく見かけます。 私はすでに個人の名前で印鑑登録している印鑑があるので、 「実印」は今のところ必要ないと思っています。また、当分法人化も考えていません。 「銀行印」は、個人事業主で口座開設をしようと思っているので、必要と考えています。 「角印」は領収書、請求書などに使うので必要と思っています。 「ゴム印」は領収書、請求書、見積書などはエクセルで作ればいいかな?と思っているので、これは・・・必要なのか?と悩んでいます。 「認め印」なんやかんやと必要な気がするので作っておこうと思ってます。 このような考え方をしているのですが、合っていますでしょうか? 色々ご教授いただけませんでしょうか? よろしくお願い致します。

ベストアンサー

>形式としては、会社名(屋号名)が書かれており、 >「代表之印」とか書かれているタイプのものです。 >実印 >銀行印 >認め印 質問者さんのお考えで正解だと思います。 ********** > 「ゴム印」は領収書、請求書、見積書などは >エクセルで作ればいいかな?と思っているので、 >これは・・・必要なのか?と悩んでいます。 「ゴム印」も必要だと思います。 例えば、相手側(企業や役所)の指定用紙に記名押印する場合にゴム印は必需品です。また、市販の一般封筒を使う場合にもゴム印があればとても便利です。ほかにも、非公式なサイン代わりにポンポンと押したいときに便利です。 「ゴム印」の文字は、屋号名称/代表者の肩書と氏名/郵便番号/住所/電話番号/FAX番号/(メールアドレス)/です。 ********** >「角印」は領収書、請求書などに使うので必要と思っています。 あ、これは逆です。「丸印」が必需品です。 「角印」は押さなくても構わない非公式な印鑑なのです。 屋号を仮に「知恵袋商事」とすると、 ・角印の文字は=「知恵袋商事の印」です。 ・丸印の文字は=「知恵袋商事 代表の印」です。 ゆえに、「丸印」こそが正式で公式な印鑑なのです。 領収書・請求書・契約書・注文書・請書・納品書など、「正式な印鑑を1個だけ押捺するのなら」、「丸印」を押捺するのがビジネス法務として正しいのです。 ちなみに「角印」1個だけで済ましてある例としては、コンクール優勝賞状・感謝状など、(ご愛嬌で角印のみの)非ビジネス文書だけです。 ********** 備考 以上のことは、ひょっとしたら意外に思われるかもしれませんが、実は、 記名押印の際の、公式な印鑑として認定されているのは、代表者印(通常は丸型なので丸印と称される)だけでして、屋号印=社印(通常は角型なので角印と称される)は非公式な印鑑なのです。 それゆえ、 ・屋号印=社印(角印)(非公式印)は、黒スタンプ文字ゴム印の上にかぶさって押捺しても構いませんが、 ・代表者印(丸印)(公式印)は、あとあと印影が完全に読み取れるよう、ゴム印の端っこから2mmほど離した位置に、印鑑だけを独立させて明瞭に押捺するのが正当なのです。 また、どのような重要文書であろうと、記名押印の押印としては、代表者印(丸印)(公式印)だけでも構いません。(角印は不要)。 すなわち、 屋号印=社印(角印)(非公式印)は、無くても有っても構いません。 それではなぜ、 屋号印=社印(角印)(非公式印)も一緒に押捺する企業が多いかというと、丸印とセットで押捺して、せめて少しでも偽造がされにくいようにとの配慮が発端らしく、いつのまにかそれが長年の慣習になったからのようです。 とにかく、正式な記名押印は、黒スタンプゴム印と代表者印(丸印)(公式印)だけで成立します。 (ご納得いただけたでしょうか)。 ********** (以上です) ながなが失礼しました。すみません。

質問日時:2015/06/29 13:36:35 回答数:5

印鑑での書体の種類
http://www.senderid.org/

このページの先頭へ