代表印はどっしりした重厚感のある印鑑で作る

  • RSS

近頃はいろいろな素材で印鑑を作ることがある。特に、会社の顔でもある代表印はどっしりした重厚感のある印鑑で作るというのがいいかもしれない。そう思っていたら、なんと、チタンという金属で作った印があるのだ。 チタンは、英語ではTITANIUM(チタニウム)と言って、非常に硬い金属で、さびないらしい。鋼鉄のように硬くて錆びなくて腐敗も腐食もしない。すごい金属のようだ。しかも地球にたくさんあるらしい。ただし、加工が難しいらしくて、割と大規模な設備がないと加工できないようだ。

そういえば、私が子供のころ、超合金で作られた人形(ウルトラマンのようなもの)がちまたに出回り、相当好評で、かなり売れたようだ。私の友達でも、かなりたくさんの友達が買っていた。
そういう思い入れの金属で印鑑を造ると、高級感がどっしりとある。落としてもかけたり壊れたりしない。かなり鋼よりはずっと軽いらしいが、一応金属だ。重いのでカバンが重たくなるかもしれない。
それにしても、金属製の印鑑を使うというのは珍しいですよね。普通なら柘植という世の中ですからね。
私が思うに、金属に関係する会社であれば、この金属製印鑑というのが相当よいイメージがあると思う。ましてこのチタン製であれば重厚で力強いイメージがあるから会社の代表印にピッタリだ。
値段だってそれほど高価ではない。とはいえ彫り方によってばらつきもあるでしょう。おそらく2万円くらいだと思う。これほどの金額であの高級なチタン製印鑑が手に入るなら、是非お勧めですね。気に入ってしまって、銀行印も個人の印鑑もチタンにしてしまったら、多少重たいでしょうね。

会社での代表印鑑について
Yahoo!知恵袋 最新ベストアンサー

質問内容

債務者:有限会社~取締役 名前~ (個人実印)。金銭消費貸借契約(債権者個人が有限会社の営業資金としてお金を貸した内容も記載)で 期限が来ても返済無し。 弁済債務契約を公正証書で作成して→有限会社~所有の物件に仮差押をして、代金回収を図りたいと思っています。問題は過去の金銭消費貸借契約もこれから作成しようとする弁済債務契約書も法人の実印を押してくれない事です(他の取締役一人と代表取締役はお金を借りたことは知っているが、会社の印鑑は押さないといっている)。公正役場には表見代理を図るべく裁判をしてと言われました(公正証書には法人の実印が必要な為)。何か良い方法は無いでしょうか?ご教授下さい

ベストアンサー

公正証書を作成する意味は何でしょうか? 差押により回収したいので債務名義取得のためであれば分かりますが、「仮差押」するとのことですね。 仮差には債務名義は不要です。 債務名義を取得したいのであれば、訴訟提起すればいいと思います。

質問日時:2015/01/14 02:56:21 回答数:1

質問内容

会社側からもらった雇用契約書を見ていたら最後の署名捺印のところに機械で打ち込まれた代表者名だけが書かれていました。捺印はありません。手書きでもありません。 私は署名を手書きでしているのですがこちらも印鑑は押していません、日付の記入もありませんでした。この契約書は有効なのでしょうか? もう5年くらい前のものなのですが今気づきました。会社側に印鑑要求した方がいいでしょうか? でも、もう当時打ち込んだ代表者と今の代表者が変わっているんです。 特に問題ないならいいのですが

ベストアンサー

基本的には記名の場合は捺印が必要。 そして締結年月日もあるのが一般的。 ただ、雇用開始日が書いてあって、締結日がなければ、雇用開始日を以て締結日とみなすことになります。 自筆署名(自署)であれば本来捺印は不要ですが、争う場合の優位性から言うと、自署+登録印鑑の押印+登録印鑑証明書が一番高いです。 >この契約書は有効なのでしょうか? 契約は口頭で有効ですが、契約書面に不備があれば、その不備を以て無効と主張することもできますね。 ただ会社側で無効を主張するメリットがほとんどないと思います。 労働者側の場合は、 給与額や休日日数が実際より多くなっていても、 5年も気が付かず、少ない額や休日数で来たのであれば無言の承認とされると思いますし、労働債権は2年ですので現時点で遡れるのは2年までとなります。 >でも、もう当時打ち込んだ代表者と今の代表者が変わっているんです。 会社の代表印(登記印鑑)に代表者の個人名称を入れる会社は少ないですね。 (過去に見たのは合資会社で見たことがある程度で1回だけです)。 大抵は、株式会社なら「会社名」に「代表取締役之印」とかになっているはずです。 公益法人なら「団体名」に「理事長之印」とかになっているはずです。

質問日時:2015/01/07 07:43:42 回答数:1

質問内容

契約書に使う印鑑について質問です。 下記のような本店と支店が同じ印鑑を使用しても問題ないでしょうか? 本店:○○株式会社代表取締役△△印 支店:○○株式会社□□支店支店長××印

ベストアンサー

法律的には問題ないと思いますが、2つの契約書が同じ会社に渡って、これは何だと言われた時に説明に困るでしょうね。 それに△△、××とあるからには、両者は別人でしょうね。これに▼▼というような印をつかうということですかね。相手は、「はい分かりました。」とは言わないでしょうね。 普通は、いやしくも「株式会社代表取締役」が押印するような契約であれば、印鑑登録がしてある「実印」を使いますが。

質問日時:2014/12/15 09:33:26 回答数:5

このページの先頭へ