代表印はどっしりした重厚感のある印鑑で作る

  • RSS

近頃はいろいろな素材で印鑑を作ることがある。特に、会社の顔でもある代表印はどっしりした重厚感のある印鑑で作るというのがいいかもしれない。そう思っていたら、なんと、チタンという金属で作った印があるのだ。 チタンは、英語ではTITANIUM(チタニウム)と言って、非常に硬い金属で、さびないらしい。鋼鉄のように硬くて錆びなくて腐敗も腐食もしない。すごい金属のようだ。しかも地球にたくさんあるらしい。ただし、加工が難しいらしくて、割と大規模な設備がないと加工できないようだ。

そういえば、私が子供のころ、超合金で作られた人形(ウルトラマンのようなもの)がちまたに出回り、相当好評で、かなり売れたようだ。私の友達でも、かなりたくさんの友達が買っていた。
そういう思い入れの金属で印鑑を造ると、高級感がどっしりとある。落としてもかけたり壊れたりしない。かなり鋼よりはずっと軽いらしいが、一応金属だ。重いのでカバンが重たくなるかもしれない。
それにしても、金属製の印鑑を使うというのは珍しいですよね。普通なら柘植という世の中ですからね。
私が思うに、金属に関係する会社であれば、この金属製印鑑というのが相当よいイメージがあると思う。ましてこのチタン製であれば重厚で力強いイメージがあるから会社の代表印にピッタリだ。
値段だってそれほど高価ではない。とはいえ彫り方によってばらつきもあるでしょう。おそらく2万円くらいだと思う。これほどの金額であの高級なチタン製印鑑が手に入るなら、是非お勧めですね。気に入ってしまって、銀行印も個人の印鑑もチタンにしてしまったら、多少重たいでしょうね。

会社での代表印鑑について
Yahoo!知恵袋 最新ベストアンサー

質問内容

取締役の就任承諾の印鑑証明書について質問です。 合名会社から取締役会を置かない株式会社に組織変更した時、書式問題では印鑑証明書の記載がありませんでした。 一度登記を立ち上げるので、取締役レベルで就任承諾書の印鑑証明書必要な気がしますが、何故不要なのか分かりません。選ばれた取締役は合同会社の代表をしてます。これと関係あるのでしょうか?尚、商業登記法を勉強始めたばかりです。宜しくお願いします。

ベストアンサー

商業登記の勉強するなら、まずは商業登記法を読破するべきですよ。 商業登記規則 (添付書面) 第六十一条 2 設立(合併及び組織変更による設立を除く。)の登記の申請書には、設立時取締役が就任を承諾したことを証する書面の印鑑につき市区町村長の作成した証明書を添付しなければならない。取締役の就任(再任を除く。)による変更の登記の申請書に添付すべき取締役が就任を承諾したことを証する書面の印鑑についても、同様とする。

質問日時:2014/08/28 03:29:38 回答数:1

質問内容

法人の代表者が死亡しました 今まで使用していた会社の代表印は次期代表者が そのまま使用できますか? 新たに印鑑を作成しなおす必要がありますか? 問題なければ従前の印鑑をそのまま使用したいと 考えています

ベストアンサー

代表取締役印は、代表者が世代交代した時を含めて変更をする必要はありません。代表権変更の登記を済ませておけば何ら問題は無いはずです。

質問日時:2014/08/11 20:37:30 回答数:2

質問内容

会社名義の車を廃車にしようと思います。 ただし、代表取締役であった父が亡くなり、会社印も印鑑カードも紛失してしまいました。 改印の手続きの為の、代表取締役変更手続きは訳あって出来ま せん。 陸運局も法務局も親切に取り合ってくれないので、困っています。 どなたかアドバイスをお願いします。

ベストアンサー

要は税金が来ない様にしたいのですか? それならば車を解体屋にもって行き解体証明を貰う➡︎県税事務所に行って手続をすれば完了です。

質問日時:2014/08/10 21:43:54 回答数:3

このページの先頭へ