代表印はどっしりした重厚感のある印鑑で作る

  • RSS

近頃はいろいろな素材で印鑑を作ることがある。特に、会社の顔でもある代表印はどっしりした重厚感のある印鑑で作るというのがいいかもしれない。そう思っていたら、なんと、チタンという金属で作った印があるのだ。 チタンは、英語ではTITANIUM(チタニウム)と言って、非常に硬い金属で、さびないらしい。鋼鉄のように硬くて錆びなくて腐敗も腐食もしない。すごい金属のようだ。しかも地球にたくさんあるらしい。ただし、加工が難しいらしくて、割と大規模な設備がないと加工できないようだ。

そういえば、私が子供のころ、超合金で作られた人形(ウルトラマンのようなもの)がちまたに出回り、相当好評で、かなり売れたようだ。私の友達でも、かなりたくさんの友達が買っていた。
そういう思い入れの金属で印鑑を造ると、高級感がどっしりとある。落としてもかけたり壊れたりしない。かなり鋼よりはずっと軽いらしいが、一応金属だ。重いのでカバンが重たくなるかもしれない。
それにしても、金属製の印鑑を使うというのは珍しいですよね。普通なら柘植という世の中ですからね。
私が思うに、金属に関係する会社であれば、この金属製印鑑というのが相当よいイメージがあると思う。ましてこのチタン製であれば重厚で力強いイメージがあるから会社の代表印にピッタリだ。
値段だってそれほど高価ではない。とはいえ彫り方によってばらつきもあるでしょう。おそらく2万円くらいだと思う。これほどの金額であの高級なチタン製印鑑が手に入るなら、是非お勧めですね。気に入ってしまって、銀行印も個人の印鑑もチタンにしてしまったら、多少重たいでしょうね。

会社での代表印鑑について
Yahoo!知恵袋 最新ベストアンサー

質問内容

郵便物のあて先から印鑑が見えるのは大丈夫? 個人経営の会社の事務をしています。 先日年金事務所に提出した書類の控えが返送されてきたのですが、 窓付き封筒のあて先部分が控え書類に記載されている住所、会社名、代表者、代表者印の部分になっていました。 印鑑が見える状態で郵送されることに疑問を感じたのですが、どう思われますか?

ベストアンサー

印鑑というか、それは印影のことですよね。 書類を作成した側の配慮が足りないとは思います。 配達でそれを扱う郵便局も、近年多くの不祥事でニュースになっていますので、不安になりますよね。

質問日時:2017/03/14 20:34:38 回答数:3

質問内容

☆今,司法書士試験:商業登記法:「印鑑の提出」の所を勉強し ています。 1 問題 登記の申請書に押印すべき者が印鑑を提出する場合には,提 出に係る印鑑につき市区町村長の作成した証明書で,作成後 3カ月以内のものを添付しなければならない。 2(1)上記問題は,会社の代表者が登記所に印鑑を提出する時 のことだと思い,「正しい」としました。 (2)ところが,答えは「誤り」となっています。 (3)上記問題文はどういう場合の事を言っているのでしょう か。どこが「誤っている」のでしょうか。迷っています。 3 どなたか教えてください。

ベストアンサー

その問題は、私が受験時代に怒りを覚えた記憶があります。 謂わゆる引っ掛け問題なんでしょうが、こういう紛らわしい言い回しで引っ掛けて、誰の得になるのかと思いました。 答えですが、 「提出に係る印鑑」とは、印鑑届出書の左上の押印欄の方の印鑑です。(つまり、法人印の方) 法人印について、市区町村長の作成した証明書を出せるわけがないので誤りということです。

質問日時:2017/03/05 08:05:03 回答数:2

質問内容

請求書を出しましたが、滞納されていて困っています。 企業向けの社内研修会社を経営しています。 請求書を出しましたが、滞納されていて困っています。 相手の会社曰く、弊社サービスへの申し込みは、 1.既に退職した社員が在職中に 2.勝手に個人で申し込んだ ので、支払い義務はその退職した社員にある、とのことでした。 その社員の方が昨年末、在職中に弊社サービスに申し込まれたのですが、申込書には法人名と代表者サインがあります。(押印欄は作成しておらず、当然印鑑はありません。) また研修場所もその会社のオフィスで、その退職された方以外の社員の方も受けていました。 弊社としましては、 1.法人名義・代表者名義での申込書があること(ただし社印はなし) 2.その社員の方の在籍中の申し込みであること 3.他の社員の方も受講されていること 4.その会社のオフィスでの受講であること 上記の理由で、法人に対して請求していきたいと思いますが、個人が勝手にやったの一点張りで、相手にされません。このような場合、何か良い方法はありますでしょうか。 その会社からは、その退職した個人の方のメアドだけ公開されています。一度その個人の方からメールが来まして、「個人で申し込んだつもりなので全て責任は引き継ぐ」と書いてありましたが、振込などはありませんし、弊社からのメールに対する返信もありません。 スムーズに資金回収する良い方法はありますでしょうか。 現在、少額訴訟を行うか、裁判でのストレスや作業の煩雑さや、費用対効果を考えてこのまま泣き寝入りするかで検討しています。 皆さんの客観的なご意見や解決方法などを教えてください。

ベストアンサー

少額訴訟って被告が少額訴訟に同意しないと通常訴訟ですよ 少額訴訟も通常訴訟もやること変わらないのに、少額訴訟なら出来そうと利用した人って通常訴訟だと出来ないから面白い 被告となる法人の代表取締役がタコ社長で弁護士に相談もせず少額訴訟にノコノコ行ったとしても、この場合、債務者が法人であるか申し込んだ個人かの争点があるから、裁判所はおそらく職権で通常訴訟にすると思う

質問日時:2017/03/01 00:12:40 回答数:4

印鑑での書体の種類
http://www.senderid.org/

このページの先頭へ