代表印はどっしりした重厚感のある印鑑で作る

  • RSS

近頃はいろいろな素材で印鑑を作ることがある。特に、会社の顔でもある代表印はどっしりした重厚感のある印鑑で作るというのがいいかもしれない。そう思っていたら、なんと、チタンという金属で作った印があるのだ。 チタンは、英語ではTITANIUM(チタニウム)と言って、非常に硬い金属で、さびないらしい。鋼鉄のように硬くて錆びなくて腐敗も腐食もしない。すごい金属のようだ。しかも地球にたくさんあるらしい。ただし、加工が難しいらしくて、割と大規模な設備がないと加工できないようだ。

そういえば、私が子供のころ、超合金で作られた人形(ウルトラマンのようなもの)がちまたに出回り、相当好評で、かなり売れたようだ。私の友達でも、かなりたくさんの友達が買っていた。
そういう思い入れの金属で印鑑を造ると、高級感がどっしりとある。落としてもかけたり壊れたりしない。かなり鋼よりはずっと軽いらしいが、一応金属だ。重いのでカバンが重たくなるかもしれない。
それにしても、金属製の印鑑を使うというのは珍しいですよね。普通なら柘植という世の中ですからね。
私が思うに、金属に関係する会社であれば、この金属製印鑑というのが相当よいイメージがあると思う。ましてこのチタン製であれば重厚で力強いイメージがあるから会社の代表印にピッタリだ。
値段だってそれほど高価ではない。とはいえ彫り方によってばらつきもあるでしょう。おそらく2万円くらいだと思う。これほどの金額であの高級なチタン製印鑑が手に入るなら、是非お勧めですね。気に入ってしまって、銀行印も個人の印鑑もチタンにしてしまったら、多少重たいでしょうね。

会社での代表印鑑について
Yahoo!知恵袋 最新ベストアンサー

質問内容

会社の設立登記をするのですが、会社の実印について教えてください。 設立登記の際、印鑑届出書を提出するのですが、届出する会社の実印の内枠に取締役社長〈外枠に会社名〉と記載してます。 これは代表印として認められるのでしょうか。ちなみに代表者は代表取締役です。

ベストアンサー

>>これは代表印として認められるのでしょうか。 シャチハタのようなハンコじゃ無いなら、普通にハンコ屋で対応している書体ならどれでもOKです。 つまり、役所の印鑑登録のような感じで、貴方個人の姓名の印鑑でもOKと言う事です。

質問日時:2015/08/13 23:01:40 回答数:1

質問内容

代表者印(実印)の複製を 印鑑証明を添付しない書類へ 捺印しても大丈夫ですか? 複製を捺印する書類は 主に工事契約書です 税理士さんから その様にしている会社も結構あると聞きましたが 印鑑登録している代表者印を実印 その複製を代表者印と言う 考え方で問題ないでしょうか?

ベストアンサー

既出pink_pink_goldさん御回答が、正解です。 ********** >代表者印(実印)の複製を印鑑証明を添付しない書類へ >捺印しても大丈夫ですか? いえ、下記理由により【複製印】の使用は【しないほうが良い】です。 すなわち【実印として登録した代表者印】の【複製印】の使用は、 ①【第三者を無為に翻弄することになるし】、 ②後述する刑法規定にも少し絡んで【質問者さんが仰せの取締役さんが予期せぬ法的アクシデントに巻き込まれる可能性もあるし】、 ③その取締役さんに魔が差して複製印で不正を働いてしまう契機にもなるし、 とにかくロクなことが無いので、 【代表者印を複製した印】の使用は【やめさせましょう】。 ********** 前記①について 【法人の代表者印】とは、 【法務局に登録した実印】=【一般的に「丸印」】なのですが、 【実印】を【酷似した印影で複製すること自体】が、 【普通では考えられない】ことなので、 【複製された代表者印の印影】を、契約書等で見た第三者は【まさか複製とは思わない】です。 すなわち誰しも【本物の代表者印】だと思い込むのが普通です。 【実印=代表者印】を【複製印かな?】と発想する人は皆無に近い。 また、いろんな分野の契約や取極めに関して締結する時に【複製印】を使っていて、もしも【甲乙ともに印鑑証明を添付しましょう】となった際、言い訳するにも非常に面倒な事態になります。 ∴【代表者印を複製した印】の使用は【やめさせましょう】。 ********** 前記②について 【刑法】(私印偽造及び不正使用等)第百六十七条・・・・・「行使の目的で、他人の印章又は署名を偽造した者は、三年以下の懲役に処する。2 他人の印章若しくは署名を不正に使用し、又は偽造した印章若しくは署名を使用した者も、前項と同様とする。」 社内で周知されている【複製印】は、刑法でいう【偽造印】にはならないですが、もしも【複製印で他社と締結した契約書等の内容に起因して】【例えば他社が大損害を蒙り】その結果他社が【誰が記名押印したのだ?】【その代表者印は本物なのか?】とかで【争いになった場合】、 【社内周知の上での押印代行および複製印ですと抗弁しても】【他社や裁判所には信用してもらえない可能性が高いので】【取締役さんは罰せられる可能性が高い】ことになります。最悪、上記の【刑法】の【印鑑の不正使用】の疑いをかけられる可能性も有ります。 ∴【代表者印を複製した印】の使用は【やめさせましょう】。 ********** 前記③について 会社の解散などの直前に、その取締役さんに魔が差して複製印で不正を働いてしまう契機にもなるので、 ∴【代表者印を複製した印】の使用は【やめさせましょう】。 ********** 代表者印の複製印 >税理士さんから、 >その様にしている会社も結構あると聞きましたが そんな馬鹿なことは無いです。 その税理士が【取締役さんと結託している】ということは無いですか? 【代表者印の複製印の使用をしている会社なんて極めて稀なので】、【その税理士は怪しいですね】。【税理士や社労士は契約を切られたくないので、体制実権側に加担するケースが殆どですので】。 ********** 提案 ~~二つ目の【代表取締役之印】の印鑑登録について~~ 【本物印】と【複製印】の印影は酷似しているはずなので、当然どちらも【代表取締役之印】のはずてす。 そして、実は、法人の場合は、【代表者印】を複数個【法務局に印鑑登録】できます。 正確に書くと【代表取締役さんの人数分】です。 2名おられるのなら【2個】【法務局に印鑑登録】できます。 ∴【代表取締役さんが、父上以外に、もう1名おられるなら】、 【そのかたの専用印鑑として、話題の複製印を、法務局で印鑑登録してしまえば】【立派に、代表取締役之印として使えます】。 もちろん、一番安心なのは、そのもう1名の代表取締役さんは、父上の肉親様(例えば質問者さん)がベストですが。 あと元々の【本物印】は父上専用印として、肉親である質問者さんが押印代行なされば、好都合です。 ********** 複製印を取締役さんから取り戻すには、たとえば【父上名義の内容証明郵便】で【代表取締役から取締役への業務命令】として取締役さんに告知すれば宜しいのではと思います。 ********** いろいろ大変でしょうが、打つべき手を打てば、必ず成果は出ます。 頑張って下さい。 (以上です)

質問日時:2015/08/13 17:16:50 回答数:5

質問内容

父が高齢の為、会社を解散したい。 82才要介護2級の父について質問します 父は30年前から解体工事の会社を経営しており、現在は株式会社で従業員が6名おります ただ、3年位前より実務を行うことは 困難で、実質は従業員が運営しています 父が大取社長 他、取締役が2名 株式は80%以上が父名義です 後継者もいない為、父も家族も解散を望んでおります 私(長女)が父の委任を受け 従業員との折衝を行っておりますが 現在、実質会社を管理している 経理担当者(15%株式保有) 営業担当者(両名が取締役) がそれぞれが保有している 会社の経理関係の書類一式、銀行印、通帳、代表者印の引渡しを依頼しても 理由をつけ持って来ません 代表者印は引き渡すと 業務に差し障りがあるとの事なので 印鑑証明添付が必要な書類以外に 使用出来る様、コピーで代行することで 納得して貰ったはずが やはり返還して来ません 経理担当者は3年前位に約100万の使途不明金を出し、現在、会社には全く出社せず 週3時間位の実務で18万の給料 7月に今後を話し合う為、従業員さんに集まって貰った際 その点を指摘したら 逆切れして 「7月一杯で辞める!」と言い捨て 途中退席しましたが、まだ辞めていません 上記の様に問題があるので 辞めさせて欲しいと言っても 営業担当者は 経理担当者の味方で現状維持が従業員の総意だと言って 無視されてしまいます 会社の経営状態は去年は黒字 今年は今現在、赤字だそうです 父から会社への貸付金が約2千万 父に詳しい説明もなく2年半前に購入したダンプの残債が約500万 会社の預金的なものが500万位だそうです 父の給料は経営が厳しいとの理由で 2012年1月より月々5万です(笑) また、父の所有地で営業していますが 賃貸料は払われておりません 質問です ⭕️取締役である営業担当者が業務を理由に代表者印を返還しない行為に正当性はあるのでしょうか? ⭕️また、代表者印を返還させる為にはどうすれば良いのでしょうか? ⭕️使途不明金についてはハッキリさせたいのですが、経理書類一式を引渡しさせるにはどうすれば良いのでしょうか? この1ヶ月余り この件に取り組んでおりますが ほとほと困っております 質問のご回答以外にも 何かアドバイスがあれば 宜しくお願いいたします

ベストアンサー

経理も営業も怪しいです。 株を80%以上持っているなら、会社を閉める権限もあるんですよ。 弁護士に相談し、もし会社に不正なお金の出金があれば裁判しても良いくらいです。

質問日時:2015/08/13 15:13:27 回答数:2

印鑑での書体の種類
http://www.senderid.org/

このページの先頭へ